飲むドモホルンリンクル

飲むドモホルンリンクルの効果

更新日:

飲むドモホルンリンクルで白髪が少なくなる?

飲むドモホルンリンクルの口コミを読んでいると、「継続して摂取しているうちに白髪が減ってきた」という感想がいくつか見受けられました。

これは本当に飲むドモホルンリンクルのおかげなのでしょうか?

人間がなぜ白髪になるのか説明しながら、そのことについて考えてみます。

白髪は、早い人では30代くらいから目立ち始め、40代後半ではもう白髪染めを使う人が多くなってきます。その原因には色々なことが考えられますが、髪が白くなる要因には、「メラノサイト」という色素形成細胞が関わっています。

頭皮の毛穴の底には、毛乳頭という組織が存在します。頭皮の毛細血管内を通ってきた酸素、ビタミン、水分などの栄養素、または脱毛の元となるテストステロンなどを受け取り、すぐそばに存在する毛母細胞に指令を送るのが役割のひとつです。

この毛母細胞は、細胞分裂を繰り返して髪の毛を生成するのですが、その中にメラノサイトを含んでいるのです。

メラノサイトは、シミの原因としてい知られるメラニン色素を生成する細胞です。髪の毛も、実はもともとは無色透明。メラニン色素がコルテックスといわれる部分に行き渡ることで様々な色がついているのです。

コルテックスは、三重(三層)構造をしている髪の毛の真ん中の層に当たります。

コルテックスの外側にある層は、コマーシャルで有名になったキューティクル。そして、メジュラ(毛髄)と名付けられた層がコルテックスの内側に存在します。

病気や加齢などが原因となり、メラノサイトは少しずつ減少していきます。

それにしたがって生成されるメラニン色素も減少して、コルテックスの色素も欠乏していきます。そのために、髪の色も薄くなり、やがて白髪に変わってしまうわけです。

これが白髪が生み出されるメカニズムです。

なお、白髪になってしまう原因(つまりメラノサイト減少の原因)ですが、以下のようなものが考えられます——

・病気
・遺伝
・栄養不足
・紫外線
・ストレス

いずれにしろ、これらのファクターが毛根の底に存在するメラノサイト(色素形成細胞)に影響を与え、髪が白くなっていくわけです。

では飲むドモホルンリンクルが白髪に効くといわれているのは、なぜなんでしょう?

これはおそらく、質の高い睡眠が得られることで、血流が良くなったせいでしょう。

飲むドモホルンリンクルは、「睡眠」の効果に着目した美容ドリンク。「成長ホルモン」が分泌される時間帯に深い眠りが得られるよう、その成分が工夫されています。

成長ホルモンは体全体の細胞再生を促し、健康維持に欠かせない物質。飲むドモホルンリンクルを飲むことでこの成長ホルモンの分泌が増え、新陳代謝が活発化。その結果、メラノサイトの量も復活し、髪のコルテックスの色素も増えたのだと思われます。

いずれにせよ、成長ホルモン分泌によって体質改善がなされたわけで、それが飲むドモホルンリンクルの最大の効果だといえるでしょう。

クワンソウエキスとは?

飲むドモホルンリンクルには、クワンソウエキスという耳慣れない成分が入っています。

このクワンソウ、アキノワスレグサという別称を持つ植物で、沖縄では古くから不眠症への民間薬として活用されてきました。

近年の研究により、クワンソウから「オキシピナタニン」という成分が発見されたのですが、これが睡眠の質を向上させる物質であることが判明しました。

睡眠薬のように直接神経に作用するのではなく、抹消血管の拡張の結果、体をリラックスさせて睡眠へと導いてくれます。長期間の摂取による害もなく、睡眠サプリ成分として理想的なエキスです。

-飲むドモホルンリンクル

Copyright© 飲むドモホルンリンクルの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.