飲むドモホルンリンクル

飲むドモホルンリンクルのモニターについて

更新日:

飲むドモホルンリンクルの特徴

睡眠不足
飲むドモホルンリンクルの特徴のひとつは、睡眠時間に着目したこと。

「ぐっすり寝た翌朝は、肌の調子がいい」
「睡眠不足が続いて肌荒れがひどくなった」

など、睡眠と肌のコンディションに深い関係のあることは、誰でも経験から知っています。

睡眠によって体は疲労をいやしますから、肌の状態がよくなるのは当然なのですが、さらに注目してほしいのは、体のダメージをケアしてくれる「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されるという事実。

特に眠りに入った最初の3時間にその分泌量が多くなるので、この時間帯にダメージケアを助ける成分を体に吸収させれば、さらにコンディション回復に効果的なわけです。

飲むドモホルンリンクルは深い眠りに誘うリラックス成分(クワンソウエキス、大麦乳酸発酵液ギャバ、月桃葉エキス、アマニ、ユズ種子エキス)はもちろん、肌トラブル解消に役立つ天然由来の物質を多数配合しています。

寝ているだけの時間を「美容の時間」にしてくれるのが、飲むドモホルンリンクルなのです。

飲むドモホルンリンクルの口コミ

飲むドモホルンリンクルを飲んだ感想

感想を書く
公式サイトから飲むドモホルンリンクルを注文し、実際に飲んでみました。

1本の容量は50ml。手のひらサイズといったところです。

裏書きを見ていて分かったのですが、カフェインが入っていません。良質な睡眠をもたらす商品なのですから当たり前ともいえますが、この手のドリンクにはカフェインが付きものなので、一瞬「意外」と思ってしまいました。

色とニオイをチェックするために一旦グラスにあけてみます。

漂ってくる香りは、ちょうど「はちみつレモン」に「ゆず」を加えたような感じです。

一般のコラーゲンドリンクは独特の臭みがあって苦手という人も多いと思います。

ところが飲むドモホルンリンクルの場合、コラーゲンが配合されているにもかかわらず、ゆず果実の香りがその臭みを打ち消してくれているようです。この辺は配合の妙味ですね。

香りを確認した後は、さっそく味見です。口に含むと、香り同様「ゆず風味のはちみつレモン」の味が口の中に広がります。

人工香料と甘味料は全く使っていないそうで、不自然な甘さはなく、あっさりしています。

やはりコラーゲン特有のゼラチン臭さもなく、美味しくいただけますね。

飲み終わったあと、改めてビンを見てみると、「このラベルは、簡単にはがして、捨てられます」と書いてありました。

実際にやってみると、あっけないくらいに簡単にはがれました。おかげでリサイクルゴミとして出すことができます。この辺の気配りもさすが再春館製薬所さん、という感じです。

さすがに1本飲んだだけでは効果は感じませんが、飲みやすさは満点なので、これから続けていこうと思います。

飲むドモホルンリンクルの配合成分

飲むドモホルンリンクルを販売しているのは再春館製薬所。

熊本県にある会社で、昔熊本藩にあった医学校・再春館に因んで名づけられたそうです。

もともと漢方の生薬を扱っていたために化学原料の使用には慎重で、飲むドモホルンリンクルの配合成分も厳選された天然原料が中心となっています。

沖縄で「眠れないときに飲むとよい」といわれてきたクワンソウ。二条大麦のもろみから抽出され、緊張やストレスを軽減してくれるギャバ。この優れた2つの物質をはじめとした天然由来の原材料により、美容に欠かすことのできない睡眠の質を高めます。

-飲むドモホルンリンクル

Copyright© 飲むドモホルンリンクルの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.